Raspberry Pi3を使ってADS-Bを受信、FlightRadar24にフィードする

前回はbump1090を使ってADS-Bを受信し表示させましたが、今回は更にそのデータをFlightRader24に送信してみます。前提として24時間の電源確保とインターネット接続が必要になります。 条件を満たしている場合、フィーダー特典としてビジネスアカウント($49.99/月)が提供されます。

 

 

以下を打ち込み、その後必要事項を記入するだけで簡単にフィードをすることができます。

sudo bash -c "$(wget -O - http://repo.feed.flightradar24.com/install_fr24_rpi.sh)"

 

インストールが終わると初期セットアップが始まります。

 

Enter your email address (username@domain.tld)

 

最初にメールアドレスを聞かれますアカウントを登録するときに必要となります。

次に、過去にキーを持っていたか聞かれるので、持っていない場合は空欄で次にすすみます。

 

 

Would you like to participate in MLAT calculations? 

MLATを使うかです。

どちらでもいいと思います。

 

 

 Enter antenna's latitude (DD.DDDD) 

 Enter antenna's longitude (DDD.DDDD)

アンテナの緯度経度、海抜高度をです。

緯度経度はGoogleMAP上で右クリックをして”この場所について”をクリックすると表示出来ます。 海抜高度は

Google Maps 標高 (SRTM版)

こちらのサイトで取得できます。

 

次に、

Would you like to continue using these settings?

と聞かれるのでyesを入力します。

 

 

 

Receiver selection

次に使用する受信機を聞かれるので答えます。私の使っているR820T2の場合

1 - DVBT Stick (USB) を選びます。

 

 

 

Enter your additional dump1090 arguments or leave empty

こちらは空白のままでOKです

 

 

Would you like to enable RAW data feed on port 30002 (yes/no)

Would you like to enable Basestation data feed on port 30003 (yes/no)

 

こちらの2つはどちらもnoにしておきます。

 

Please select desired logfile mode

ログファイルの設定です /var/log に置かれます。 お好みで選択してください。

 

 

以上で設定は終わりです。FlightRader24からメールが届きます。

以下、FR24のコマンドです

 

sudo service fr24feed start フィードをスタート
sudo service fr24feed stop フィードをストップ
sudo service fr24feed restart 再起動
sudo service fr24feed status 現在のステータス